【動画配信セミナー】
辻康介オンライン講座
「中世のソルミゼーション入門 ~ 歌心の読譜術を学ぶ」(全3回)

古の階名唱で楽譜から歌心を感じてみませんか?

「シ」 のない6音だけによる階名唱を基礎から学ぶ入門講座です。「はじめに歌あり」という発想で作られたこの「古式6音階名唱」のシステムを身に付け、読譜力、歌唱力を上げるだけでなく、何より大切な「歌心」を楽譜から感じとることを目指します。古楽以外の演奏にも役立つ発見がたくさんあるでしょう。譜読みの苦手な方も大歓迎です。

《講師より講座内容の説明》
 かつて、ドレミの歌に「シ」はありませんでした。ドレミファソラの6つだけの階名で、子ども達はドレミの歌を歌い、グレゴリオ聖歌を覚え、新曲を独力で譜読みし、旋法を聴き分け、大人になれば作曲し、教会や劇場で即興を交え歌い演奏したのでした。11世紀にグイドという音楽教育担当の修道士が提案した古式6音階名唱は実はハイドンやベートーヴェンも学んだようです。モンテヴェルディやJ.S.バッハの頭の中ではラの上にシではなくファやミが響いていましたし、ジョスカンなどルネサンスの作曲家とその音楽を演奏したり聴いた人々の間では、シの無い階名はダジャレや隠語として機能していました。
 歴史的にも理論的にも興味が尽きないこの古式階名唱ですが、実は理論・知識としてよりも、道具として身につけることで本領を発揮し、読譜力・歌唱力の源になるのです。つまり、一人で楽器などのガイド無しで譜読みが出来るようになり、アカペラのパート練習でも音程が良くなり、一見ジミな旋律を心から楽しく歌え、ブレスの位置に迷わされることなくのびのびと歌えるための基礎が古式6音階名唱なのです。
 この講座では、古式6音階名唱を身につける(←案外簡単!)ための基本的な理論と、「シ」を歌わないことの意味と歌唱センスを解説します。ムジカ・フィクタの謎を解く鍵もここにあります。ルネサンスのアカペラ曲や中世からバロックのレパートリーは既に大好きであるという人にとっては、「旋法」を腹で感じて歌うため一生モノの必須アイテムとなるでしょう。そして、歌い手だけでなく楽器奏者はもちろん、音楽教育、合唱指導、音感そのものに興味のあるすべての人にとって、新しい発見の宝庫となるでしょう。

動画受講

視聴期間:2022/5/31(火)まで
辻康介オンライン講座「中世のソルミゼーション入門 ~ 歌心の読譜術を学ぶ」

講座概要

講座名 辻康介オンライン講座
「中世のソルミゼーション入門 ~ 歌心の読譜術を学ぶ」
講師 辻康介
内容 第1回
あのグイドの手を使ってみる/階名と音名を使い分けてスカッとする
第2回
オリジナル楽譜対応!譜読みは音楽/楽しくてしょうがない孤独な練習の提案
第3回
たまらないラの上のファ/ムジカ・フィクタと旋法は腹で感じる
収録時間 各回約60分
受講料 3回通し4,000円(税込)※各回ごとの受講設定はございません。

申込方法

下記「受講申込をする」ボタンよりお進みください。

講師プロフィール

辻 康介 (つじ・こうすけ)

歌手。国立音楽大学楽理科卒、同大学音楽研究所研修課程修了、ミラノ市立音楽院古楽声楽2年専門科修了。声楽を牧野正人、C.カヴィーナ、R.バルコーニらに師事。E.ファディーニやD.フラテエッリらに古楽演奏論を学ぶ。1600年頃のイタリア音楽を中心に、さまざまなジャンルの音楽を歌う。能楽師・安田登とのコラボ「南蛮ムジカのオルフェオ」や「ジョングルール・ボン・ミュジシャン」「都市楽師プロジェクト」「Laudesi Tokyo」などで歌う。モンテヴェルディ「オルフェオ」(宮城聡演出・音楽青葉会)主演。これまでに「ビスメロVis Melodica」「ネーモー・コンチェルタート」「南蛮ムジカ」「Sestetto Vocale」「合唱団Ogmios」などを主宰、現在「辻康介と葉山古楽婦人会」主宰。聖心女子大学グリークラブ常任指揮者。聖グレゴリオの家、フォンス・フローリス古楽院講師。

動画配信セミナーについて

※この動画配信セミナーは、2021年11月13日~12月11日まで3回にわたって行われたオンライン・セミナーのアーカイブ動画となります。

※視聴期間 ~2022年5月31日(火)まで 期間中何度でもご覧いただけます。

※動画は「vimeo」を利用して配信いたします。PC、スマートフォン、タブレットのいずれからでもご視聴いただけます。会員登録は必要ありませんが、スマートフォン、タブレットをご利用になる場合は、あらかじめVimeoアプリをインストールされることをお勧めします。

※お申込み・お支払い完了後、動画のURL記載したメールがお手元に届きます。お申込み後、2日経ってもメールが届かない場合は、弊社までご連絡ください。携帯電話の迷惑メールフィルターの設定で、@choruscompany.com からのメールを「受信する」にしてください。