髙谷光信オンラインセミナー「スラヴ音楽の魅力を学ぶ」(全3回)

スラヴ音楽の喜びを!

ロシアのウクライナへの軍事侵攻により、欧米各国や日本においてロシア音楽や演奏家を排除する動きが一時ありました。文化・芸術の分野も、国際情勢やそれに伴うさまざまな感情と無関係ではいられないことの表れではありますが、同時にこの問題は、国や時代を超えた芸術作品の価値についてじっくり考える必要性を投げかけました。
このセミナーでは、ウクライナのオーケストラで約20年間常任指揮者を務めている髙谷光信氏を講師にお招きし、スラヴ民族の魂に根付くスラヴ音楽の魅力を、ロシアとウクライナの国境を越えた視点から学びます。
連動企画「晩祷を歌って学ぶスラヴ音楽」では、ラフマニノフの《晩祷》より〈Bogoroditse Devo〉とシルヴェストロフの《ウクライナへの祈り》を実際に歌ってその魅力を感じていただくと共に歌で平和を祈ります。

なお、各回の講座終了後に、講座の模様を収録したアーカイブ動画を配信いたします。その時間にご参加できない方、見逃されてしまった方も安心してお申し込みください。

《講師からのメッセージ》
今、ウクライナではロシアの作曲家による楽曲を演奏することは許されません。 3年前までは、チャイコフスキーやラフマニノフを共に奏でてきたウクライナのオーケストラの仲間たちも、戦禍の中、楽器を銃に持ち替えて戦う“今”は、彼らの中で戦争と音楽が一括りとなっています。
私はこれまで、「音楽に国境はない」そう言い続けてきました。
音楽は国境を越えて人々を癒し、慰め、明日への活力を平等に与えるもの、私はウクライナで何度もそれを目の当たりにしてきたからです。チャイコフスキーやラフマニノフを愛し、その素晴らしさを私に教えてくれたのはウクライナの音楽家たちでした。
ウクライナの作曲家シルヴェストロフは言います。
「芸術の女神は戦時には沈黙する。私は一人の人間として怒りを感じるが、音楽で怒りを表すことはしない。怒りの表現は味方だけでなく、敵をあおり、 敵にも力を与える。だから芸術の女神は沈黙する。音楽は平和の価値を教えてくれるもの。地球上の、一人ひとりの命の価値を。」と。
ラフマニノフの《晩祷》、シルヴェストロフの《ウクライナへの祈り》を学ぶことで、スラヴ音楽に込められた人々の想いや祈りの心をお伝えします。そして、音楽を通して平和や人の命の尊さについて思いを馳せる機会となっていただければと思います。(髙谷光信)

髙谷光信オンラインセミナー「スラヴ音楽の魅力を学ぶ」

講座概要

講座タイトル 髙谷光信オンラインセミナー「スラヴ音楽の魅力を学ぶ」
講師 髙谷光信(ウクライナ・チェルニーヒウフィルハーモニー交響楽団 常任指揮者・一般社団法人 日本ウクライナ音楽協会理事長)
日程・内容 2024年
第1回 2月2日(金)
正教会聖歌の歴史〜ラフマニノフ《晩祷》ができるまで ~
解説楽曲 ラフマニノフ:晩祷「第1番・第2番」
第2回 2月22日(木)
ラフマニノフ《晩祷》について
解説楽曲 ラフマニノフ:晩祷「第6番・第9番・第13番」
第3回 3月10日(日)
ウクライナ音楽文化の変遷 ~守り抜いたスラヴの魂 ~
解説楽曲 シルヴェストロフ:「ウクライナへの祈り」
時間 第1回・第2回19時00分~20時00分(60分)
第3回 10時30分〜11時30分(60分)※いずれも受付開始30分前
受講料 3回通し6,300円(税込)※300円支援金含む
各回2,300円(税込)※100円支援金含む
※受講料の一部は一般社団法人 日本ウクライナ音楽協会を通じて、ウクライナ支援金としてキーウ室内合唱団に寄付いたします。
※楽譜の入手方法につきましては、お申し込み受付時にご案内いたします。
アーカイブ動画 あり・視聴期間2024年4月30日(火)まで
後援 一般社団法人 日本ウクライナ音楽協会

申込方法

下記「受講申込をする」ボタンよりお進みください。( 受講までの流れはこちら

連動企画

髙谷光信合唱講座「晩祷を歌って学ぶスラヴ音楽」

スラヴ民族の魂に根付くスラヴ音楽の魅力を、ラフマニノフの《晩祷》の〈Bogoroditse Devo〉(アヴェ・マリア)を実際に歌いながら学ぶものです。また、平和への祈りを込めて、シルヴェストロフ《ウクライナへの祈り》もあわせて歌います。ぜひオンラインセミナーと合わせてご参加ください。

【東京会場】
日時 2024年4月6日(土)14:00~16:30(受付13:30~)
会場 大森福興教会礼拝堂

【京都会場】
日時 2024年4月9日(火)19:00~21:30(受付18:30~)
会場 長岡京市中央生涯学習センター 3Fメインホール

講師プロフィール

髙谷光信(たかや・みつのぶ)

東京混声合唱団指揮者(2019年4月~)ウクライナ・チェルニーヒウフィルハーモニー交響楽団常任指揮者(2012年4月~)一般社団法人日本ウクライナ音楽協会理事長(2022年2月~)ウクライナ国立チャイコフスキー記念音楽院指揮科首席卒業。また国家演奏家資格、ディプロマを最優秀の成績で取得。指揮を故小松一彦、故伊吹新一、田中良和、藏野雅彦、辻井清幸、V.プラソロフ、故E.ドゥーシェンコ、N.スーカッチに師事する。ウクライナ・チェルニーヒウフィルハーモニー交響楽団の招致により『ホロヴィッツ国際ピアノマスタークラス』『ウクライナ国際シヴィール音楽祭』『ウクライナ国際音楽祭・キエフ夏の音楽の夕べ』『ウクライナ国際バルトケーヴィッチ音楽祭』などに出演し「高い音楽性でソリストを支え音楽祭を成功に導いた。」(KievPost)と高く評される。2010年より『ウクライナ国際マスタークラス指揮・ヴァイオリン・ピアノ部門』の講師・審査員・指揮者を務める。2017年3月在ウクライナ日本大使館後援事業~ウクライナ日本国交25周年記念「チェルニーヒウフィルハーモニー交響楽団特別演奏会」(2017.3.18/3.20)に出演しウクライナ国立ドゥムカ合唱団と共演する。また日本から「アンサンブルつるみ合唱団」やソリストも来訪しTV・新聞にて大きな話題として報じられた。2017年からフジコ・ヘミングと共演を重ね好評を博す。2022年2月1日に「一般社団法人日本ウクライナ音楽協会」を創設。理事長に就任する。現在までに東京混声合唱団、神戸市混声合唱団、ウクライナ国立ドゥムカ合唱団、チェルニーヒウ州立ボルトニャンスキー室内合唱団、ウクライナ国立リヴィウフィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、兵庫芸術センター管弦楽団、セントラル愛知交響楽団、名古屋芸術大学フィルハーモニー管弦楽団、瀬戸フィルハーモニー交響楽団、愛知室内オーケストラ、Osaka Shion Wind Orchestra、神戸市室内合奏団、武庫川女子大学音楽学部オーケストラ、大阪芸術大学管弦楽団などを指揮。大阪芸術大学演奏学科客員准教授。名古屋芸術大学芸術学部音楽領域・大学院、武庫川女子大学音楽学部、各講師。第16回京都芸術祭京都市長賞受賞(2002年京都)チェルニーヒウ州文化功労賞受賞(2012年7月ウクライナ)チェルニーヒウ州行政長文化功労感謝状受彰(2019年7月ウクライナ)

オンライン・セミナーについて

※このオンラインセミナーは、Zoomの「ウェビナー」システムを利用して行います。受講者は音声、ビデオともオフの状態での参加となります。

※PC、iPad、iPhone、Androidなど様々なデバイスからご参加いただけます。事前に Zoom アプリをインストールいただく必要があります。(Zoomへのアカウント登録は必須ではありません。)

※お申込み・お支払い完了後、参加方法を記載したメールがお手元に届きます。お申込み後、2日経ってもメールが届かない場合は、弊社までご連絡ください。携帯電話の迷惑メールフィルターの設定で、@zoom.us / @choruscompany.com からのメールを「受信する」にしてください。

※セミナー申込者にはセミナーの模様を録画した動画を限定公開いたします。リアルタイムで参加できない方もそちらにて受講いただけます。動画のご案内は、セミナー終了後2日程度でご案内のメールをお送りいたします。

※オンラインセミナーに初めて参加される方のために無料のテストセミナーを随時開催しております。詳しくは弊社までお尋ねください。