音楽史家 大崎滋生『ベートーヴェン像 再構築』を熱く語る
鼎談 大崎滋生×安田寛×坂元勇仁
第1シリーズ(全5回)

ベートーヴェン研究の最前線を体験できる稀な鼎談!

耳が聞こえないという作曲家として致命的なハンディーを負ったベートーヴェンが、それにめげずに第九を書いたのはなんて素晴らしいなどなど、ベートーヴェンほど間違った逸話に塗り込められた作曲家はいない。間違ったまま無責任に流布しているこれらの逸話を剥ぎ取って真のベートーヴェン像を描き出すことが研究者の責任だと、その使命を強く意識する大崎滋生が語る実に新鮮なベートーヴェン。私たちはベートーヴェンの一体何を知っていたのか。

ベートーヴェン研究の三種の神器とも言うべき「書簡交換全集」「会話帳全集」「新作品カタログ」が出そろった今、これまでのベートーヴェン像は書き換えられようとしている。その先頭を切って2018年6月に出版された大崎滋生の『ベートーヴェン像 再構築』(春秋社・全三巻・本文1306ページ)は不思議な沈黙を持って迎えられた。黙殺されたのではないかとさえ思えるほどだ。理由は色々と考えられるが根本的なものは、これまでの作品中心主義で楽譜を分析するだけでは出てこない新説が随所にちりばめられて、従来のベートーヴェン研究者、あるいは音楽史研究者でさえも戸惑わせているのではないか。あるいは逸話の流布に加担していた咎意識があるのであろうか。

しかし虚心坦懐に読めばこれほどスリリングな著作は無い。例えばあの有名な逸話、ベートーヴェンは本当に皇帝ナポレオンに激怒したのであろうかについて述べた章などは、通俗的な推理小説やサスペンス小説よりもはるかに面白い。これを読んだ後では、初めてエロイカシンフォニーを聴いたときのあのみずみずしい感動が蘇ってくる。

音楽探偵安田寛とレコーディング・ディレクター坂元勇仁が、恐れ多くも研究の巨人本人を目の前にして、ベートーヴェンの新たな感動を求めて、前半五回、後半五回という贅沢な十回シリーズで、遠慮なくズバズバと切り込んでいく。

目指すところはベートーヴェン像に塗りたくられた19世紀のロマン主義美学とドイツナショナリズムを削り取って、その下に現れる本来のベートーヴェン像を取り戻すことである。

ベートーヴェン研究の最前線を体験できる稀な鼎談となるに違いない。

講座概要

講座タイトル 音楽史家 大崎滋生『ベートーヴェン像 再構築』を熱く語る
鼎談 大崎滋生×安田寛×坂元勇仁
第1シリーズ(全5回)
パネリスト 大崎滋生 (音楽社会史家)
安田寛(音楽探偵)
坂元勇仁(レコーディング・ディレクター)
日程・内容 2021年
第1回 5月22日(土)

音楽史はどのように存在しているのか
第2回 6月5日(土)
大作曲家インペリアリズム(中心主義)とパンのための仕事
第3回 6月19日(土)
ベートーヴェンは本当に皇帝ボナパルトに激怒したのか
第4回 7月3日(土)
フルート・ホルン問題
第5回 7月17日(土)
ベートーヴェンはなぜ一つしかオペラを書かなかったのか
時間 各回とも14時~15時30分(90分)※受付開始30分前
受講料 5回通し 8,000円(税込) 各回 1,800円(税込)

申込方法

下記「受講申込をする」ボタンよりお進みください。

通し受講

各回受講申込

講師プロフィール

大崎滋生(おおさき・しげみ)

音楽社会史家[西欧音楽史]
研究者としての出発点はその当時、音楽史学の中心的課題であった資料研究で、難易度の最も高いヨーゼフ・ハイドンを研究テーマに選び、冷戦下の東西ヨーロッパ13ヵ国で図書館・修道院等でハイドンの原典資料の伝承についてフィールドワーク。1982年にヴィーンで開催されたヨーゼフ・ハイドン生誕250年記念国際会議に参加。その後、音楽社会史研究のメッカ、ドイツのマインツ・グーテンベルク大学音楽学研究所にゲスト教授として招かれ、過去の音楽社会全体の研究に従事。所長マーリンク博士(後に国際音楽学会会長)との共同研究の成果として、共著『オーケストラの社会史』(1990年)を著すとともに、単独で『楽譜の文化史』(1993年)、および『音楽演奏の社会史--よみがえる過去の音楽』(1993年)を執筆。音楽史の成り立ち(史学史)を『音楽史の形成とメディア』(2002年)に、CD時代の到来に即応して約3000曲のシンフォニーを『文化としてのシンフォニー』全3巻(2005-2013)にまとめる。近著としては『ベートーヴェン像 再構築』全3巻(2018年)、『ベートーヴェン 完全詳細年譜』(2019年)がある。

安田寛(やすだ・ひろし)

音楽探偵
1948年、山口県生まれ。1974年国立音楽大学大学院修士課程終了。2001年奈良教育大学教授。2013年定年退職し現在奈良教育大学名誉教授。2001年放送文化基金賞番組部門個別分野「音響効果賞」、2005年社団法人日本童謡協会日本童謡賞・特別賞。主な著書に、『唱歌と十字架 明治音楽事始め』(音楽之友社、1993年)、『日韓唱歌の源流 すると彼らは新しい歌をうたった』(音楽之友社、1999年)、『唱歌という奇跡 十二の物語』(文春新書、2003年)、『バイエルの謎 日本文化になったピアノ教則本』(音楽之友社、2012年、新潮文庫、2016年)、共著に『仰げば尊し―幻の原曲発見と「小学唱歌集」全軌跡』(東京堂出版、2015年)、『バイエルの刊行台帳』(音楽之友社、2021年)などがある。

坂元勇仁(さかもと・ゆうじ)

レコーディング・ディレクター
コーラス・カンパニーにおいて「学び舎 遊人」プロジェクトを立ち上げ、「コロナ禍における合唱活動を考える」シリーズほか多数のオンラインセミナーを企画・実施、モデレーターを務める。現在、大阪芸術大学客員教授、東京音楽大学特任講師、道の駅日光 公共施設 プランニング・プロデューサー。

※このオンラインセミナーは、Zoomの「ウェビナー」システムを利用して行います。受講者は音声、ビデオともオフの状態での参加となります。

※PC、iPad、iPhone、Androidなど様々なデバイスからご参加いただけます。事前に Zoom アプリをインストールいただく必要があります。(Zoomへのアカウント登録は必須ではありません。)

※ご登録完了後、参加方法を記載したメールがお手元に届きます。お申込み後、2日経ってもメールが届かない場合は、弊社までご連絡ください。携帯電話の迷惑メールフィルターの設定で、@zoom.us / @choruscompany.com からのメールを「受信する」にしてください。

※受講者にはセミナーの模様を録画した動画を限定公開いたします。リアルタイムで参加できない方もそちらにて受講いただけます。動画のご案内は、セミナー終了後2日程度でご案内のメールをお送りいたします。

※オンラインセミナーに初めて参加される方のために無料のテストセミナーを随時開催しております。詳しくは弊社までお尋ねください。