「合唱」をもっと楽しく!もっと豊かに!
コーラス・カンパニーによる合唱情報メールマガジン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コーラス・スクエア No.2  2019/3/1発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
─CONTENTS────────────────
【1】コーラス・カンパニー主催の講座のご案内
【2】楽譜情報
【3】レンタルスタジオのご案内
【4】合唱関係イベントのご紹介
【5】求人情報
────────────────────────

【1】コーラス・カンパニー主催の講座のご案内------

■■■■■■■■■■■■■■■■■
新規開講講座決定!!
■■■■■■■■■■■■■■■■■

──────────────────
2019年4月20日(土)
◆本山秀毅 教員のための合唱指導法講座
https://choruscompany.com/seminar/190420motoyama/
──────────────────
教育現場での合唱指導にとって必要なことがらを学ぶ教員向けの講座です。昨今いろいろな意味で時間短縮が命題となっている教育現場において、短い時間でいかに効率のよい指導ができるのかが指導者には求められています。この講座では、講師の10年以上にわたる教員免許更新講習の経験を踏まえ、指導者が身に着けておくべき事がらを心技両面から学びます。クラブ活動、音楽の授業、そしてクラス合唱など様々な場面でお役に立つことでしょう。一般合唱団の指導者、合唱団員の方の受講も可能です。

★日時:2019年4月20日(土) 10時~13時
★会場:コーラス・カンパニー
(京都市上京区烏丸通今出川下る観三橘町562 煕春堂ビル3F)
★受講料:一般4,320円 学生3,240円
★定員:30名




■■■■■■■■■■■■■■■■■
現在募集中の講座・近日募集予定の講座
■■■■■■■■■■■■■■■■■

開講中! (全5回) *聴講生受付中
◆相澤直人 合唱指揮法講座 ─実践編─
https://choruscompany.com/seminar/190210aizawa/
──────────────────
2019年3月17日
◆松下耕 合唱指導法講座
https://choruscompany.com/seminar/190317matsushita/
──────────────────
2019年4月7日
◆花井哲郎 グレゴリオ聖歌入門
https://choruscompany.com/seminar/190407hanai/
──────────────────
2019年4月開講(全10回)
◆松下耕 合唱指導法講座
-KO MATSUSHITA CHORAL METHODその理論と実践-
近日申し込み受付開始予定
──────────────────
2019年4月開講(全12回)
◆和田宏一 合唱者のための楽譜の読み方講座
近日申し込み受付開始予定
──────────────────
2019年5月開講(全5回)
◆粟飯原栄子 悩める合唱指揮者のための指揮法講座 基本編
https://choruscompany.com/seminar/190519aihara/
──────────────────
2019年5月19日
◆花井哲郎 ルネサンス音楽を歌う~計量記譜法入門
https://choruscompany.com/seminar/190519hanai/
──────────────────
2019年6月開講(全3回)
◆花井哲郎 グレゴリオ聖歌とルネサンス音楽の基礎を学ぶ
https://choruscompany.com/seminar/190616hanai/
──────────────────
2019年7月6日
◆川井弘子 川井弘子声楽講座「人体5億年の進化を知ってソマで歌おう!」~進化の過程から「歌う呼吸」を考える
近日申し込み受付開始予定
──────────────────
2019年7月開講(全5回)
◆川井弘子 合唱のための「うまく歌える『からだ』のつかいかた」指導法講座 水曜コース・第1期
近日申し込み受付開始予定
──────────────────
2019年8月開講(全3回)
◆川井弘子と『ふるさとの四季』をソマから歌おう!
近日申し込み受付開始予定
──────────────────
2019年9月8日
◆花井哲郎 グレゴリオ聖歌とルネサンス音楽を歌ってみよう
近日申し込み受付開始予定
──────────────────
2019年10月開講(全4回)
◆花井哲郎 グレゴリオ聖歌とルネサンス音楽の基礎を学ぶ
近日申し込み受付開始予定

【2】楽譜情報────────────────

こちらのコーナーでは、新刊・新着楽譜を中心に、国内外の合唱楽譜の情報を掲載してまいります。
協力:音楽之友社・カワイ出版・全音楽譜出版社・パナムジカ・ベーレンライター・カールス・ブライトコプフ・オックスフォード大学出版局 (順不同)

●●●●●●●●●●●●●●●●
今号のピックアップ!
●●●●●●●●●●●●●●●●
本場ヨーロッパで合唱指揮を勉強してきた柳嶋耕太氏、谷郁氏のおふたりが指揮者の観点からおすすめの楽譜をピックアップして紹介します。

●女声合唱曲集「三つのメッセージ」
作曲:信長 貴富
作詩:谷川 俊太郎
出版社:カワイ出版
価格:税込1,512円(本体1,400円)
声部:SSA
伴奏:ピアノ伴奏
言語:日本語
時間:13分30秒
判型:A4判・32頁
ISBN:978-4-7609-2564-3
収録曲:
できたら / 泣声 / 若さゆえ

2018年12月に全曲初演されたこの作品は、「新作合唱曲への取り組みを通して学生を成長させる」目的で国立音楽大学教育音楽科により委嘱された「泣声」「若さゆえ」の2曲に、後に奈良県高等学校選抜女声合唱団(指揮:上西一郎)により委嘱された「できたら」を併せた女声合唱曲集です。
いずれも谷川俊太郎の詩、とりわけ同時代的で読みやすいものをテクストとした3曲で、透き通ったサウンドの若い女声合唱団にぴったりのイメージです。一方で曲の構築は三者三様で実にキャラクター性に富んでいます。それぞれのエッセンスを丁寧に掴めるならば、飽きのこない素敵なワンステージになるでしょう。以下、各曲について短く解説します。

I. できたら
歌い出しから、ピアノ左手がD−Aを8小節のあいだ保続するオルゲルプンクトのような特徴的な始まり方です。歌の声楽的都合ばかりに囚われず、Dの基音がつくる響きの世界といかに調和できるかで、ハーモニーが動いてくる14小節以降のカタルシス効果が大きく変わってくるでしょう。

II. 泣声
第1曲とはうってかわって極めて重たい雰囲気で曲が始まります。3拍子の音楽で、ピアノがほとんどの箇所で1拍目と2拍目に鋭い音を入れ続けることが特徴的です。このときの「2拍目」の取り方をどう解釈するかが、合唱パートにおいても旋律の歌い方を根本的に左右してくるでしょう(言い方を変えると、影響しあわねばならないということです)。また、この曲では箇所によってmode(モード, 旋法)がドイツ音名で指定されています。半音/全音の音程がどのような緊張関係をもたらすのか、それぞれの場所で考える価値があるでしょう。

III. 若さゆえ
第1曲、第2曲と比べると歌謡曲的な色合いの濃い、終曲にふさわしく歌い上げることのできる曲です。歌い出し部のピアノはリズムを最低限に、ペダルを用いてじわじわとハーモニーの色の移ろうのを表現しています。その色の変化を歌がどのように受け取るのか。とくに弱声で歌う時に耳が開いていることが求められます。
(柳嶋 耕太)

【筆者プロフィール】
柳嶋 耕太 (やなぎしま こうた)
早稲田大学在学時より指揮活動を始める。2011年に渡独。マンハイム音楽・表現芸術大学指揮科を経て、ザール音楽大学指揮科卒業。学内ではアシスタントとしてザール音楽大学合唱団の指導・指揮に携わる。学外では、ルートヴィヒスハーフェン・オッガースハイム聖セシリア教会合唱団専任指揮者、ザール福音派合唱協会客演指揮者を務めるほか、各合唱団をスポット指導するなど、地域の合唱指揮者としても活躍した。2013年度ドイツ連邦教育研究省奨学生。2015年、ドイツ若手指揮者の登竜門であるドイツ音楽評議会・指揮者フォーラム(DIRIGENTENFORUM)研究員に選出、同時にCarus出版より”Bach vocal”賞を授与される。以来、ベルリン放送合唱団(Rundfunkchor Berlin)、北ドイツ放送合唱団(NDR Chor)、ザールブリュッケン室内合唱団をはじめとするドイツ国内各地の著名プロ/セミプロ合唱団を指揮。
これまでに合唱指揮をゲオルク・グリュン、指揮を上岡敏之、声楽をアンネ-カトリーン・フェティクの各氏に師事。モールテン・シュルト-イェンセン(デンマーク)、サイモン・ハルゼー(イングランド)、ヘイス・レーナース(オランダ)、イェルク-ペーター・ヴァイグレ(ドイツ・ベルリン)、ステファン・パルクマン(スウェーデン)、ジュゼップ・ビラ・カザーニャス(カタルーニャ)などの各氏をはじめとする多数の講師のもと指揮マスタークラスを修了。
2017年10月に日本へ完全帰国。vocalconsort initium主宰兼指揮者。室内合唱団vox alius音楽監督。Projektchor Philharmonia、横浜合唱協会、こだいら合唱団、東京ユヴェントゥスフィルハーモニー合唱団指揮者。Chor OBANDES常任指揮者。

●合唱ピース「年頭の誓い」
作曲:信長 貴富
作詩:谷川 俊太郎
出版社:カワイ出版
価格:税込648円(本体600円)
声部:SATB / TTBB / SSA
伴奏:ピアノ伴奏
言語:日本語
判型:A4判・12頁
ISBN:978-4-7609-2434-9
収録曲:
年頭の誓い《混声版》
年頭の誓い《男声版》
年頭の誓い《女声版》

この楽曲はまず第一に谷川俊太郎氏による詩がめちゃくちゃおもしろい。
「禁酒禁煙せぬことを誓う」という実現が容易そうな誓いにはじまり、面白く、かつその真意を考え込んでしまうような誓いが続く。無理をせず、我慢をせず、生きたいように生きる!そんな誰もが望み、そしてなかなか叶えられない願いを「年頭の誓い」として歌ってしまおう、という訳だ。
信長氏による作曲はいたってシンプルである。曲はヘ長調で始まるが、冒頭などほぼ I, II, V の和音しか出てこない。全体を通して“いかにも”行進曲のわかりやすいリズムで、音程も音域も歌いやすい。ピアノパートも「ピアノ協奏曲的」伴奏ではなく、素朴にリズムと和声を支える存在である。
しかし単純ながら単調な楽曲ではない。そこが信長氏のセンスだと感じるが、ちょっとしたお洒落な和音進行や、ピアノによる合いの手によって聴き手を飽きさせず、最後までワクワクさせてくれる。
ちなみに私の個人的なお気に入りポイントは、ヘ長調の属七の和音(C, E, G, B*)に続く不安定な短三和音(B, Des, F*)である。(*ドイツ式音名表記)
(谷 郁)

【筆者プロフィール】
谷 郁 (たに かおる)
1987年生まれ。国立音楽大学声楽科卒業、声楽コース及び合唱指導者コース修了。在学時より声楽家、ヴォーカルアンサンブルのメンバーとして積極的に演奏活動を行う一方で、合唱指揮者としての活動を開始し、オルフェオ研究会によるオペラ「オルフェオ」公演、児童合唱、大学内演奏会等の指揮者を務めた。卒業後、2011年より合唱指揮を学ぶために渡欧。ウィーン国立音楽大学指揮科(合唱指揮及びオーケストラ指揮専攻)を経て2017年にグラーツ国立音楽大学大学院合唱指揮科を修了。在学中はウィーンを中心に、アーノルド・シェーンベルク合唱団、ウィーン楽友協会合唱団(Wiener Singverein)、シュテファン寺院ヴォーカルアンサンブルの合唱団員として、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートやザルツブルグ音楽祭など数多くの演奏会に出演し、アーノンクールをはじめとする多くの著名な指揮者及びウィーンフィルやベルリンフィル等のオーケストラと共演を重ねた。国内外で行われるマスターコースやコンクールにも数多く参加し、これまでにMorten Schuldt-Jensen、Simon Halsey、Daniel Reuss、Hans-Christoph Rademann、Josep Vila i Casanasらのもとで学ぶ。第5回及び第6回若い指揮者の為の合唱指揮コンクール(東京)いずれも第2位。2016年に第7回合唱指揮コンクールTowards Polyphony(ポーランド)にて審査員特別賞及び、ポーランドルネサンス音楽部門でのベストパフォーマンス賞を受賞。さらに特別賞として、プロ合唱団NFM Choirから招待を受けて2018年2月にポーランド・ヴロツワフにて客演演奏会を行った。文化庁新進芸術家海外研修制度平成28年度研修員。これまでに声楽を坂本晶子、伊原直子、秋葉京子、Maria Loidl(マリア・ロイドル)の各氏に師事。指揮法を今村能、湯浅勇治、Uros Lajovic(ウロシュ・ラヨヴィッツ)の各氏に師事。合唱指揮を花井哲郎、Erwin Ortner(エルヴィン・オルトナー)、Johannes Prinz(ヨハネス・プリンツ)の各氏に師事。vocalconsort initium及びvocalensemble initium 主催兼指揮者。Hugo Distler Vokalensemble 指揮者。Tokyo Bay Youth Choir 指揮者。Projektchor Philharmonia 指揮者。こだいら合唱団指導者。CANTUS ANIMAE アンサンブル・トレーナー。

------------------------
●混声合唱とピアノのための「三つのソネット」
作曲:鈴木 輝昭
作詩:立原 道造
出版社:カワイ出版
価格:税込1,728円(本体1,600円)
声部:SATB
伴奏:ピアノ伴奏
言語:日本語
時間:11分10秒
判型:A4判・48頁
ISBN:978-4-7609-1989-5
収録曲:
薄明 / わかれる昼に / 民謡-エリザのために

「登戸混声合唱団(神奈川県川崎市)」委嘱作品。立原道造の性格の異なる3編の詩を表情豊かに歌う。作曲者特有の響き・動きの中で、時にささやき時に強く訴える。緩・急と続き、終曲は太古の世界にも想いをめぐらせた感動的な作品になっている。作曲者の作品の中で比較的易しく仕上がった。(出版社サイトより転載)

●女声合唱組曲「橋上の人」
作曲:高田 三郎
作詩:鮎川 信夫
編曲:須賀 敬一
出版社:カワイ出版
価格:税込1,512円(本体1,400円)
声部:SSA
伴奏:ピアノ伴奏
言語:日本語
時間:14分
判型:A4判・32頁
ISBN:978-4-7609-2563-6
収録曲:
一 / 二 / 三

1969年度芸術祭大賞を受賞した、混声合唱組曲「橋上の人」の女声版。「過ぎ去った過去は帰らず、未来もまた霧の中にあるとすれば、我々はすべて『橋上の人』ではないだろうか」と作曲者が述べているように、橋の上に立つ人を通じて、人間の苦悩や暗い予感を深く掘り下げた作品となっている。全3曲。(出版社サイトより転載)

●混声合唱とピアノのための「日本・四季の旅」
編曲:山中 惇史
出版社:カワイ出版
価格:税込2,160円(本体2,000円)
声部:SATB div.
伴奏:ピアノ伴奏
言語:日本語
時間:20分
判型:A4判・72頁
ISBN:978-4-7609-2482-0
収録曲:
おぼろ月夜 (高野 辰之 詩/岡野 貞一 曲)
茶摘み (文部省唱歌)
夏は来ぬ(佐佐木 信綱 詩/小 作之助 曲)
ゆりかごのうた (北原 白秋 詩/草川 信 曲)
われは海の子 (文部省唱歌)
うみ (林 柳波 詩/井上 武士 曲)
わらべうた祭り
 1. かごめかごめ(権藤 はなよ 詩/わらべうた)
 2. げんこつやまのたぬきさん(わらべうた)
 3. ずいずいずっころばし(わらべうた)
 4. あんたがたどこさ(わらべうた)
赤とんぼ (三木 露風 詩/山田 耕筰 曲)
たき火 (巽 聖歌 詩/渡辺 茂 曲)
お正月 (東 くめ 詩/滝 廉太郎 曲)
さくらさくら (日本古謡)
夕焼け小焼け (中村 雨紅 詩/草川 信 曲)

日本の唱歌や名歌を四季の順にメドレー形式で並べ、音楽で四季の旅を描き出した作品。「わらべうた祭り」ではコードリベットで4つのわらべうたが同時に歌われるなど、全体としてバラエティに飛んだ構成となっている。全曲を演奏するだけでなく、個々の曲を取り出したり、短いメドレーとして歌うこともでき、演奏会のプログラムから、合唱祭やアンコールまで幅広く歌うことができる。(出版社サイトより転載)

●女声合唱とピアノによる日本の歌「郷愁に寄せて」
編曲:佐藤 亮子
監修:片野 秀俊
出版社:音楽之友社
価格:税込1,728円(本体1,600円)
声部:SSA
伴奏:ピアノ伴奏
言語:日本語
判型: A4変・52頁
ISBN:978-4-2765-5128-2
収録曲
どこかで春が / 浜千鳥 / みかんの花咲く丘 /
月の沙漠 / 夕焼小焼

女声合唱とピアノによる日本の歌『四季を綴る』の第2弾。前作『四季を綴る』は、文部省唱歌などを女声3部合唱に編曲した作品集で、演奏会にちょうど良い難易度と編曲センスにより、好評で版を重ねている。本作『郷愁に寄せて』は、主に大正から昭和にかけての童謡5曲を女声3部合唱に編曲した作品集。佐藤亮子編曲・片野秀俊監修による『四季を綴る』の姉妹編としてふさわしい魅力を放っている。(出版社サイトより転載)

●定番!! 昭和あたりのヒットソング
 女声合唱ピース「あなた」
作詞・作曲:小坂 明子
編曲:浅子 勝也
出版社:カワイ出版
価格:税込756円(本体700円)
声部:SSA
伴奏:ピアノ伴奏
言語:日本語
判型:A4判・12頁
ISBN:978-4-7609-2435-6

1973年、弱冠16歳の小坂明子がポピュラーソングコンテストにてグランプリを受賞した作品。翌年レコードデビューとなり、女性作曲家による初のミリオンセラーとなった。当時から多くのアーティストにカヴァーされ続けている人気の高い曲である。原曲に忠実で、やさしい響きで編曲されている。(出版社サイトより転載)

●定番!! 昭和あたりのヒットソング
男声合唱ピース「お嫁サンバ」
作曲:小杉 保夫
作詞:三浦 徳子
編曲:橋本 剛
出版社:カワイ出版
価格:税込648円(本体600円)
声部:TTBB
伴奏:ピアノ伴奏
言語:日本語
判型:A4判・8頁
ISBN:978-4-7609-2433-2

1981年発売、郷ひろみの38枚目のシングルである。当初、歌詞の「123バ 223バ」を郷は嫌がったが、その後ヒット作となる「GOLDFINGER '99」の歌詞「アチチ アチにつながり成功したため、この作品はエンターテイナーとしての彼のターニングポイントとされている。その後、有名芸能人の結婚式に郷ひろみ本人が替え歌を提供したり、様々なアーティストにカヴァーされ続け、現在でも結婚式で盛り上がる定番曲としても人気がある。本作品は、重厚な男声合唱で原曲のゴージャスさと、軽快なノリも十分生かした編曲となっている。(出版社サイトより転載)

【3】レンタルスタジオのご案内────────────

京の町の真ん中、御所西にあるコーラス・カンパニーのスタジオをご利用になりませんか?
合唱をはじめとする音楽の練習、講習会、ミニコンサートなどにお使いいただけます。

[利用可能時間] 10:00~21:00(最低ご利用単位1時間)
[面積] 約60㎡
[収容人数] 最大40名
[付帯設備] 譜面台、椅子40脚、机2本、ホワイトボード、
グランドピアノ(YAMAHA 3型/有料 2,160円)、
キーボード(Roland JUSTY HK-100/有料 540円)、
プロジェクター・スクリーン(有料 540円)
※ 有料設備は使用1回あたり。税込価格です。
[利用料金(税込)]
平日10:00~18:00 1,620円(30分あたり)
平日18:00~21:00・土日祝 2,700円(30分あたり)
【詳細・ご予約】
https://choruscompany.com/studio/

【4】合唱関係イベントのご紹介────────────

こちらのコーナーでは、全国各地で行われる合唱コンクールや合唱関係イベントのご紹介をしてまいります!

2019年3月2日、3日
◆復興支援コンサート「Harmony for JAPAN 2019」
http://www.harmonyforjapan.com/

2019年3月16日
◆第8回JCAユースクワイアコンサート
http://www.jcanet.or.jp/event/jca-youth/JCAyouth-index.htm

2019年3月21日~24日
◆第12回声楽アンサンブルコンテスト全国大会
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/11055a/12seigaku.html

2019年3月23日
◆和合亮一と共に歌う
https://www.facebook.com/SingWithWago/

2019年3月31日
◆Nコン2019課題曲講習会~作曲家の視点によるアナリーゼと演奏法~
https://www.aizawanotes.com/

2019年3月31日締め切り(日本時間4月1日08:59)
◆第5回 日本国際合唱作曲コンクール
http://icccj.org/


【5】求人情報 -----------------------------------
[アルバイト募集]
株式会社コーラス・カンパニーではスタッフを募集しています。
勤務地:京都市上京区(今出川駅徒歩3分)
雇用形態:パートタイム及びアルバイト
勤務時間:午前9時30分~午後18時30分
休日:土曜、日曜、祝日(但し、イベント開催時は出勤の場合があります)
時給:1,000円~、交通費は規定により支給
業務内容:合唱向け講習会の企画立案と運営事務
*合唱に関する知識のある方で、英語力のある方を歓迎します!
*勤務時間などは相談に応じます。
ご応募は以下のメールアドレスまで、履歴書を添付してお送りください。
書類選考の上、一週間程度でご連絡いたします。

info@choruscompany.com

--------------------------------------------
*配信の停止をご希望の方は

https://choruscompany.com/?mailpoet_page=subscriptions&mailpoet_router&endpoint=subscription&action=unsubscribe&data=eyJwcmV2aWV3IjoxfQ
--------------------------------------------

============================================
編集・発行: 株式会社コーラス・カンパニー
〒602-0903
京都市上京区烏丸通今出川下る観三橘町562 煕春堂ビル3階
京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車、6番出口より徒歩3分
Tel. 075-415-8686 Fax. 075-415-8687
https://choruscompany.com/
copyright(c) The Chorus Company Inc. All rights reserved.
============================================